長野県オンライン

長野県民による長野県民のための長野県の情報サイト

プレゼンスピーチ勉強会忘年会に真顔で参加してきました|松本市小吃(シャオチー)

calendar 2016年12月14日

プレゼンスピーチ勉強会忘年会に真顔で参加してきました|松本市小吃(シャオチー)

プレゼンスピーチ勉強会忘年会

長野県オンラインは、記者が身体を張って、様々なイベントや体験をしてそれをメディア記事として発信していく長野県総合情報サイトです。
さて、本日12月12日、松本市は駅前(パルコ裏あたり)にある小吃(シャオチー)さんにて
プレゼンスピーチ勉強会忘年会に参加してきました。

ちなみに小吃は中華料理屋さんですが、
非常にうまい!
今回食べてうまかったのが

・モッツァレラ&トマトサラダ
・唐揚げ
・エビチリ
・水餃子
・杏仁豆腐
・ジャスミンティ

お話に夢中で
終わってから

「ああ、炒飯たべたかった!」という後悔…

しかし、中華料理って辛さや味付けが店舗によって違いますが、
カラすぎず、甘すぎずちょうどいいあんばいでしたね。

中華はイタリアンの立食ビュッフェよりも
みんなで食事をシェアするっていう感覚があって好きです。

一つの大皿に広がる料理をみんなで肩を並べて同じ時を共有して楽しいお話とともに味わう。

それこそ、忘年会新年会の醍醐味ですし、
また人と食卓を囲む楽しさの一つでもあります。

というわけで

「松本市で忘新年会をするなら、小吃おすすめ!」

■小吃へのアクセス
所在地: 〒390-0811 長野県松本市中央1丁目8−20
電話: 0263-36-7741

ということでお店の宣伝は以上!

プレゼンスピーチ勉強会忘年会はこんなだった

やはり、プレゼンスピーチ勉強会っていうだけあって、普段からプレゼンをしたり、お互いに練磨してく団体なので
当日も30秒スピーチを敢行!

30秒って意外と短いようで長い
長いようで短いのです。

僕はそんなこともあるのではとネタを行きの車の中で構築していったのですが、
実際やってみたら

16秒!

30秒なら、30秒ジャストの自己紹介ができて一人前。
いやぁ勉強になります。

ということで当日はね、23人の参加者が!

12月、忘年会シーズン到来。
そんな中23人も同イベントに集まるというのはかなりすごいこと。

僕も他の忘年会とブッキングしたので、申し訳なかったのですが、そちらをお断りして
プレゼンスピーチ勉強会に参加してました。

それは皆さん他に予定もあったことでしょうが
これだけ集まったのにはわけがある!

求心力!大西 祐次郎

この人は、本当に長野県で僕が出会った誰よりも求心力があると思う。

めっちゃ憧れる人物であります。

真顔部もやっている大西さんですが、
今回のプレゼンスピーチ勉強会はまた真顔部とは別の団体です。

なんだろう?
この人の周りには人が集まってくる!
幕末でいうなら、坂本龍馬的なポジション(暗殺されないようにね!)なんでしょうか

この気持ちを言葉にするのは難しいのですが、
とにかくそんな人物。

また長野県オンラインでは、大西 祐次郎に接触してインタビューを目論んでおりますが

この人の魅力は5000文字じゃアおさまらないぜ!

ということでその他にプレゼンスピーチ勉強会感想を書いておきます。

プレゼンスピーチ勉強会こぼれ話1世間はせまい

プレゼンスピーチ勉強会忘年会に真顔で参加してきました|松本市小吃(シャオチー)
↑これが原くんだ!
プレゼンスピーチ勉強会に参加していたマジシャンもできる大学4年生原くん。

第一声が
「さかもとさん、知り合いなんですか?」

僕「え?さかもと…アニメの坂本ですが?のさかもとさんかな???」

原くん「石川のブログやってるさかもとさんです!」

僕「ああああ!!!!!!!知ってるも何も最近対談とかしたよ!」

というくだりがあり、
原くんも去年は石川に滞在していてそれでさかもとさん(石川を代表するライター)と知り合ったとのこと

世間はせまいなーって思いました。

プレゼンスピーチ勉強会こぼれ話2真顔部バッチを手に入れる

僕と同じく長野県山形村に住む真野さん夫婦がプレゼンスピーチ勉強会に参加していた。
真野さんは真顔部のマスコット「真顔様」を木彫りで作った匠だ。
その真野さんが新アイテム「真顔部バッチ」を作ってきた

プレゼンスピーチ勉強会忘年会に真顔で参加してきました|松本市小吃(シャオチー)

これはフォーマルな服装でも
またカジュアルなファッションにも非常にマッチングするおしゃれ小物だ!

実際に大量生産は難しい(時間的な面で)と前回言っていた真野さんだが
今回のプレゼンスピーチ勉強会のためにわざわざ制作してきてくれるという一流の匠!

これからも真野さんの真顔グッズは沢山世に出てきそうだ。

プレゼンスピーチ勉強会こぼれ話3弁理士っていう仕事について聴く

弁理士とは特許などに関わるお仕事(イメージでは行政書士みたいな、違うかもしれないけど)
弁理士をやっている大行さん(おおゆきさん)
おおゆきさんて珍しい名字だなって思った。
実際に弁理士っていう人に出会い、
今度は是非おおゆきさんも参加されている「Next Step信州」なる起業家などが集うイベントにも参加させてもらおうと思った。

プレゼンスピーチ勉強会忘年会に真顔で参加してきました|松本市小吃(シャオチー)
↑おおゆきさんの飲み方は非常に明るく周りを楽しくさせる飲み方だった。

プレゼンスピーチ勉強会こぼれ話4真顔様ケーキ登場

ここまで読んでみて、
「?????」と思っている人も少なくないだろう。

あれ?たしかプレゼンスピーチ勉強会の忘年会なのに、さっきから「真顔部」の話題が多くね?

僕も書いていて思った。

「あれ?これ真顔部の忘年会か?」

実際に「真顔部」と「プレゼンスピーチ勉強会」は大西裕次郎が主催している。
そして真顔部とプレゼンスピーチ勉強会両方に参加している人も少なくない。
今回はそんな感じで色々な団体の人が多く参加してくれたのもこの盛り上がりの一因だと思う
(たしかに二回にわけて忘年会をするとそりゃ家計にやさしくないからね)

プレゼンスピーチ勉強会忘年会に真顔で参加してきました|松本市小吃(シャオ

ということで真顔様ケーキが登場。

先日TEDxMatsumotoでスピーカーとなったアンチ真顔部を豪語する柳沢昭さんにむけて
スピーカーおめでとう!サプライズケーキ!

なんかね、ノリ的に語っ苦しい飲み会では全くない。
みんなで和気あいあい楽しめる感じのゆるーい忘年会だった。

こういうコミュニティの良し悪しっていうのは

新規の方がスムーズに自然に環の中に入れることだと思う。

■良いコミュニティ
・協調性がある
・笑いがある
・空気がいい
・仲間はずれがいない
・強制がない
・クリエイティブだ
・冒険心を忘れない
・また行きたくなる
・帰るのが名残惜しい

■良くないコミュニティ
・独裁的
・宗教的
・パワーバランスがわるい
・参加するのが義務になる
・家を出る時にお腹が痛くなる
・幽霊部員が多い

って思う。

この僕的なコミュニティの良し悪しで考えると、

「真顔部」にしても
「プレゼンスピーチ勉強会」にしても

良き、居心地の良いコミュニティだと思うんだ。

大概そういう良いコミュニティはますます人が増えていって、
そのうち長野県を飛び越えて県外までいきそうな勢いを感じずにはいられない。

そして、コミュニティの中で
何かしらのご縁でそれからも仲良く付き合いが続く人も増えるだろうし

こないだの映画祭に出展みたいなイベントに参加することもこれから増えそうな予感を感じました。

・プレゼンスピーチ勉強会忘年会の風景1
プレゼンスピーチ勉強会忘年会に真顔で参加してきました|松本市小吃(シャオチー)

・プレゼンスピーチ勉強忘年会の風景2
プレゼンスピーチ勉強会忘年会に真顔で参加してきました|松本市小吃(シャオチー)

長野県にはすごいおもしろい人、熱い人がいっぱいいる。

僕はこれまで東京にそれを求めて通っていたけど、

青い鳥よろしく、本当に幸せとか発見って大概足下(自分ちから半径50km圏内)にあるんじゃないかなって最近思う。

また今回の記事は僕視点での忘年会についてだったけど

23人も参加していればそれぞれが感じた様子はまた違うかもしれないけど、
それでもこういう記事を読んで
「真顔部」や
「プレゼンスピーチ勉強」に興味関心をもってこれからも集ってくるメンバーが増えればいいなって思います。

ということで非常に沢山たべたので、明日はちょと走らなくてはと思っているライターでした。


真顔部部員募集中!
詳しくは真顔部サイトにて